リンパ球 意味 多い 少ない 原因 病気

簡単な血液検査で健康状態のチェックができるリンパ球とは

スポンサーリンク

リンパ球とは、白血球の中に存在していて、体内に入ってきた有害な存在を排除するために働いている細胞です。
たとえば、風邪やインフルエンザはウイルスが原因となっていますが、このウイルスが入ってきた時に、リンパ球が排除のために働くのです。
そしてその働きにより、これらの感染症は治っていくのです。
また、風邪やインフルエンザによって高熱が出たりするのは、リンパ球が戦っている証拠です。
そして戦った残骸として、鼻水やタンなどが出てくるようになるのです。
さらにリンパ球は、ガン細胞とも戦ってくれます。
特にリンパ球のうちナチュラルキラー細胞と呼ばれているものは、体内で誕生したり増えたりしているガン細胞を狙い撃ちにすることができるため、注目されています。
現在では、これを活性化するという方法でのガン治療もおこなわれているくらいです。

スポンサーリンク

このようにリンパ球とは、体を病気から守ってくれる重要な存在なのです。
しかし体を守るために戦い、その結果鼻水やタンなどとして排出されると、当然ですがリンパ球は数が減っていきます。
逆に言えば、リンパ球の数が減っている時には、体の中でリンパ球が戦っている、つまり体内にウイルスやガン細胞が存在しているということです。
したがって、血液検査でリンパ球の数をチェックすることで、健康状態をある程度チェックすることができるわけです。
比較的簡単な血液検査なので、採血したその日のうちに結果を教えてくれる医療機関も少なくありません。
もしも数が著しく減っている場合には、感染症やガンなどの疑いがあるということなので、精密検査を勧めてもらえます。
また、リンパ球はストレスの影響を受けやすく、ストレスがたまっている時にもある程度減ってしまいます。
逆に、ストレスがたまっていなければ、リンパ球がしっかりと働いてくれるので、健康状態を維持しやすくなるわけです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加