白血球増加 リンパ球減少

白血球増加とリンパ球減少の関係

スポンサーリンク

白血球は、体に問題が生じている時に、その問題を解決するために働きます。
具体的にどのような問題を解決するかというと、炎症やアレルギー症状、感染症などです。
白血球にはいくつかの種類があり、それぞれ解決する問題が異なっています。
たとえば白血球のうち好中球は、細菌の撃退のために働きますし、リンパ球はウイルスの撃退のために働くのです。
そしてこれらは、問題解決の際に、それぞれ増えたり減ったりします。
たとえば体が細菌感染を起こした場合には、細菌を撃退するために体は好中球を多く作るようになります。
そしてウイルスに感染した場合には、それを撃退することでリンパ球の数が減ることになるわけです。
好中球は白血球の一部ですから、これが増えることで白血球増加となります。
しかし増えているのは好中球だけなので、リンパ球は増えてはいません。

スポンサーリンク

そしてリンパ球の量は、基本的に白血球中のパーセンテージで示されています。
そのため好中球増加による白血球増加が生じると、増えていないリンパ球のパーセンテージは下がることになります。
つまり血液検査の結果で、白血球が増加しているにも関わらずリンパ球減少となっていても、リンパ球が実際に減っているとは言えないのです。
要は全体に対してのリンパ球の割合が減ったというだけで、そのもの自体はしっかりと存在している場合が多いのです。
したがって、好中球が増加している原因、多くの場合は細菌感染ですが、これが解消されることでリンパ球減少という状態も改善されていくことになります。
ただしリンパ球減少は、ガンやエイズなどの病気が原因となっている場合もあります。
その可能性がある場合には、原因を明らかにする検査がおこなわれます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加