リンパ球数 計算式

リンパ球数と計算式について

スポンサーリンク

リンパ球数とは病気の判断をするときの一つの指標となっています。
したがって血液検査などを行ったときに、この値が少なかったりというようなことが分かれば、そこには何らかの病気が隠されているという可能性があります。
血液検査をしたときにはたくさんの検査結果が表になって戻ってきますが、一目見ただけでは分からないことがたくさんあります。
たとえばリンパ球数に関しても分からないことがたくさんあります。
総リンパ球数というものがありますが、これは計算式で算出することができるようになっています。
リンパ球というのは白血球の中にあるいくつかの種類の中の一つです。
ウイルスを攻撃するなどの役割があります。
総リンパ球数を計算する方法としては次のようになっています。
それは白血球数にリンパ球の割合をかけて計算するという方法です。

スポンサーリンク

総リンパ球数は白血球数にリンパ球に割合をかけて計算することができるようになっているので、たとえば八卦球の正常値が3300から9000マイクロリットルとなっているので、この際のリンパ球の割合は20パーセントから50%程度になります。
リンパ球の数はどれくらいあるのが理想なのかというと、人間の免疫力をしっかりと維持するためには1500マイクロリットル以上はあるのが理想です。
そのなかでもできれば2000マイクロリットル以上アルのが理想となっています。
血液検査を受けたときには、このようなkじょとを頭に入れておくと、今の自分の健康状態がどうなっているのかを判断することができます。
たとえば1200マイクロリットル以下の場合には軽度以下、1200から800マイクロリットル以下は中等度低下、そして800未満は高度の低下と判断されます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加