リンパ球数 単位

リンパ球数や単位について

スポンサーリンク

リンパ球数は人間の健康状態を把握するときに必要なものとなっています。
これは血液検査をすることによって把握することができるようになっています。
そのなかでリンパ球数が減少するというような病気があります。
悪性疾患や自己免疫疾患のリスクが増加する可能性がありますが、免疫不全の有無を調べる検査が行われたり、リンパ球の内訳の解析を行うというような検査が行われるようになっています。
治療に関しては基礎原因に向けられるようになっています。
正常なリンパ球数は3000から9500となっています。
数が減少することで体に何らかの症状が現れると言うことはありません。
しかし細菌などに感染している可能性が高くなります。
リンパ球数は時間単位で数が増減することがありますが、あまりにもその値の変動が大きくなったときには大きな病気が関係しているという可能性があります。

スポンサーリンク

リンパ球数が少ないときには癌になりやすいというようなことが言われていますが、必ずしもそうではありません。
以前に比べて癌の発生の過程は分かってきていますが、胃ガンの場合には細菌感染が原因と言うことが分かっています。
また肝炎に関してもウイルスが大きく関係していると言うことから、必ずしもリンパ球の数だけが原因であるとは一概には言えません。
しかし免疫を高める際にはこのリンパ球が大きく関係しています。
免疫を高める方法としては、タンパク質をしっかりと摂取し、十分な睡眠を取ることが大切です。
またたばこを吸わずに規則正しい生活をすることも大切になります。
リンパ球は白血球全体の中の一つとなっています。
好塩基球と好酸球と好中球とリンパ球と単球というものを合わせて白血球となっています。
そのなかでリンパ球はウイルス感染細胞を攻撃したりと癌に対する免疫で重要な役割を担っています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加