異型リンパ球 1%

健康成人の1%にみられる異型リンパ球とは

スポンサーリンク

正常リンパ球に比べて形態に異常を認めた場合、腫瘍性によるものを異常リンパ球、反応性によるもの異型リンパ球と呼ばれています。
つまり異型リンパ球とは外敵からの膠原刺激によって活性化され、幼若化したリンパ球のことで、刺激に反応して形態変化したものです。
異型リンパ球はウィルス感染症、薬物アレルギー、結核、自己免疫疾患などで、末梢血中に出現します。
特に、伝染性単核球症ではEBウイルス感染数日後から10%を超える増加を認め、急性期に多数出現することが特徴とされています。
それ以外にサイトメガロウイルス感染、ヘルペスウイルス感染、肝炎、ウイルス性肺炎でもみられ、輸血後、心臓病術後でも10%を超えない程度の異型リンパ球がみられます。
リンパ組織の発達する乳幼児では幼若リンパ球が出現することがあり、リンパ機関が未熟で、刺激に対して過敏に反応するため、健康な小児で10%、健康成人でも1%〜3%にみられます。

スポンサーリンク

その他、異常リンパ球が出現する悪性疾患としては、多発性骨髄腫、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫などがあります。
異型リンパ球と異常リンパ球との鑑別は非常に重要ですが、困難なことも多く、細胞表面マーカー検査など他の検査の追加も必要です。
また、採血から時間の経過した検体や、採血量が少なく抗凝固剤濃度が高くなってしまった検体では鑑別が困難となってしまいます。
リンパ球は小リンパ球と大リンパ球に区別されます。
小リンパ球は核、細胞質比が高く、核は円形ないし楕円形、核クロマチン構造は豊富で、核全体が青紫色に染色されます。
核小体は不明瞭です。
細胞質は狭く、好塩基性に染まります。
大リンパ球は核はやや偏在し、細胞質が豊富で塩基性も弱く澄んだ淡青色です。
異型のリンパ球は多種多様で、大きさも不均一です。
腫瘍性か非腫瘍性かの判定が最も重要で、健康成人が1%〜3%といえども油断はできません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加